フォト
2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

水島でのつどい

 もう3月も終わりです。午前中は、倉敷市の水島協同病院のご近所の地域で、国政•市政報告会がおこなわれ、参議院選挙の予定候補者としてご挨拶させていただきました。田辺昭夫市議、須増伸子党倉敷地区副委員長といっしょでした。

20130331_2
 私は、倉敷医療生協で5年働きました。須増さんは同期入社の一人です。田辺さんも職場の先輩になります。報告会で最初のあいさつをされた岡田信之さんも同様、大先輩です。参加していただいた方のなかに、いっしょに仕事をしていた人もいて、和やかな雰囲気の会になりました。

 私は、景気対策、TPP、社会保障、原発、憲法などの問題で日本共産党の改革提案をお話ししました。田辺議員は、映像も使って市議会の論戦、倉敷駅高架事業の問題を丁寧に解説してくださいました。

 いろんな地域でこういう場をたくさん持っていきたいです。

 午後は、石村智子さん(昨年12月の総選挙で中国ブロックの比例候補でした。いまは、中国ブロックの国民運動委員長として、中国5県を飛びまわっています)の住んでいる地域の党支部のみなさんと訪問活動をおこないました。

 桜がちょうど見ごろになっていることもあって、お会いできるかなぁと少し心配しながら回りました。お会いした方と話した内容です。

・安倍さんは好きじゃない。怖い。従軍慰安婦の問題もきちんと解決しないといけないと思う。

・日本を守るだけの軍備はないと不安。北朝鮮は怖い。(国際社会は争いごとを話し合いで解決しようと努力している。北朝鮮も軍事に訴えるようなことをすれば国際社会から孤立する、など話す)日本は戦争に負けたから軍国主義を一掃できたんよなぁ。戦争はしたらいけん。あんな経験は二度としたくない。共産党は戦前は非国民じゃいわれとった。それから考えたらようがんばって大きくしとる。

・足を悪くして不自由な生活になった。家の風呂は狭いから入れないんじゃ。病気で治療費や通院代も負担が重い。

・(あいさつすると)ポスターの人ですね。散歩していてみました。安倍さんのやっていることは不安。どうなるんでしょうか。

・がんばらないとね。これまでも共産党が住宅のことや地域の細やかなことを改善してきたんだから。(今度の選挙は自分たちの知り合いにしっかり支持を訴えようと言ってるんです)そうじゃなぁ。大事なことじゃ。

・親族に○○党の人がいてしつこく言ってくるんだけど、私は共産党が好き。がんばってくださいね。

 4人の方がしんぶん赤旗を購読していただくことになりました。

 途中、桜に遭遇。8分咲きといったところでしょうか。来週末は、いろんなところで花見が計画されていますが、どうぞもってくれますように… 。

20130331


いじめ問題をみんなで考えるつどい

 30日に、深刻化するいじめ、体罰問題をどうすればいいか、みんなで考えようと「いじめ問題をみんなで考える集い」を岡山市内で開催しました。

 問題提起していただいたのは、岡山市で活動している「子育て•教育なんでも相談ネットワーク」の難波一夫さん、中学生のいじめによる自殺事件を経験した大津市の杉浦智子日本共産党市議、日本共産党中央委員会、文教委員会の藤森毅さん、の3人です。

20130330
 私は、難波一夫さんとのご縁は深くて、岡山民報記者をしていた頃、子どもをめぐるさまざまな問題や親、学校の状況を教えていただくためよく取材に伺いました。その頃は、長男を保育園に預けて働いていたのですが、延長保育、休日保育をフルに活用しても間に合わず、別の保育園の夜間一時預かりも利用していました。私も大変でしたが、子どもにもかなり負担をかけていたのです。支えになったのは、難波さんの「子育ては愛して、信じて、待って」「大丈夫だよ」という言葉です。

 子どもはそのとき辛くても親には言わずガマンします。ずいぶん後になって「日曜日にいった保育園のおやつのたい焼きがすっげえまずかったから、オレはいまでもたい焼きが食べられない」というボヤキを聞かされました。この程度なら笑い話ですみますが…。

 3人のパネラーの発言を受け、参加者からも体験や貴重なご意見をたくさん出していただきました。子どものことを何とかしたい と真剣に考えているおとなはたくさんいるよ、というメッセージを発信したい。常に子どもをひとりの人間として接する態度を持ちたいと思います。

 こうすれば解決できる、という簡単な単純な問題ではないだけに、いっしょに考える集団をつくることが大事だとも思いました。また、ぜひこうした機会をもちたいです

2013年3月30日 (土)

春のつどい

 午前中、空いたわずかな時間に岡山市北区の関西高校周辺で、支持者や後援会員さんを訪問しました。この地域で長く活動している女性に案内していただきました。若い人たちは別行動で、ポスター貼り。町の空気も変わります。

 お昼に、岡山入りした仁比そうへいさんと合流して、ちょっと対談。憲法を守ることや参院選への意気込みを語り合いました。お昼ご飯をいっしょにいただいて、午後からの岡山市南区党と後援会の集いに参加。私もあいさつさせていただきました。

 仁比さんは、思わぬケガで治療していた病院での経験から、すべての人が必要としている医療が受けられ、いのちが守られなければならないこと強調。安倍自公政権の暴走から暮らしといのちを守り抜く決意を、仁比さんらしく熱い語り口で話しました。

 私は、まず、自己紹介をかねて日本共産党への入党のきっかけや倉敷医療生協で働いたとき経験したことなどを話し、候補者として活動をはじめて以来、お聞きしてきたみなさんの声ー消費税が8%になったら店をしめる、医療•介護、国保の負担がとても重い、TPPで農業は壊滅だ…など切実な思いを紹介し、参院選で日本共産党を伸ばして、暮らしといのちを守る力を大きくしようと訴えました。

 みなさん真剣に聞いてくださって、あたたかい激励もいただきました。私も仁比さんも、後の予定があってお話してすぐに会場をあとにしたのですが、子どもたちの獅子舞やうたごえなど楽しくてみんなが元気になる行事が続きました。

20130330
 写真はオープニングのうたの練習の様子です。ギターを弾いているのが私の夫です。

2013年3月29日 (金)

ひたすら訪問・対話

 今日もひたすら地域を歩く…朝からお昼を過ぎてまで玉野市の私が住んでいる地域周辺、夕方は昨日の続きで吉備津神社周辺を歩きました。いまと将来への不安、政治不信の声をたくさんお聞きしました。

・これから子どもにますますお金がかかるし、自分たちの将来もとっても不安。子どもには頼れないし。個人年金保険に入ろうかと検討中。気兼ねなく何でも話せる同世代の仲間って大事。子どもが小さいときはよく集まっていたけど、子どもが大きくなるとそういう機会も少なくなる。(子ども劇場の活動でご一緒していたお母さん)

・夫を介護している。国民年金ではとても生活できない。生活保護制度について相談したい•ぜひ医療費の負担を減らしてほしい。高額医療費の限度額引き下げも必要。そういうところにお金を使ってほしい。患者さんの「病院代が払えない」という声をたくさん聞いてきたので。消費税あげられたら病院はやっていけない。

・自民党も民主党も結局同じことをやっている。民主党はもう消えるし。自民党も大型公共事業にバンバンお金使えば何とかなると思っているのか、田中角栄のころと何も変わっていない。

・TPPで私らがつくっているお米はダメになる。安い外国産のが入ってくる。また自民党に戻ったけどやっていることは心配なことばかり。

 あと3か月。不安と政治不信でいっぱいの多くの人に、どれだけ日本共産党の改革提案を伝えることができるか。私自身の模索と探求が続いています。

20130329
 夜は、中学校PTA役員の送別会がありました。PTAの役員をするようになって、改めてつながることの大切さを実感しています。年度末、年度始めは学校現場はとても忙しい。お世話になった先生の何人かも異動が決まりました。別れとまた新しい出会いの季節です。

2013年3月28日 (木)

地域に溶け込む

 昨日とはガラッと変わってとても気持ち良い天気になりました。

 午前中は、岡山市北区の吉備津神社周辺で訪問、対話。この地域の支部の支部長さんと支部のNさんと歩きました。

 このNさんがすごい!自分のご近所の友だちを訪問して参議院選挙と赤旗を読んでもらうようすすめます。たまたま道であった知人と「赤旗読んで応援してくれる人を増やしてるんよ」「共産党は赤旗の収入が大きいもんな。自民党なんかとは全然違うが」「そうなんじゃ。赤旗読んで共産党のことよう知ってもらいたいからなぁ」と、こういう感じで話が弾みました。「私は世の中変えるんが生きがいなんよ」との一言に、支部長さんと「地域に溶け込んでる〜〜」と感心しました。

 「共産党にがんばってほしい」「赤旗はいいこと書いてある。本当にその通りじゃ思うわ。なかなか実現できんのが悔しいけどな」「この前の選挙は、あんたが声かけてくれたから初めて共産党に入れたんで」などなど声をかけていただき楽しい訪問でした。赤旗を読んでいただける方が3人増えました。

 吉備津神社では少し早いお花見の人も。親子でお弁当を食べてる人もいました。

20130328

2013年3月27日 (水)

上道地区で対話、読者も増えました。

 3月も残りわずか。参議院選挙は確実に近づいています。

 今日は、岡山市東区のJR上道駅の辺りの地域で活動する支部のみなさんと訪問、対話をおこないました。退職後、この地域で日本共産党の支持を広げる活動を地道にコツコツ取り組んでいて、住民のみなさんの信頼の厚いベテランの男性党員さんと歩きました。

 みなさん「まぁ雨のなかをようきてくださったなぁ。ご苦労様です」と歓迎してくれました。「7月には参議院選挙があります。私が岡山選挙区の候補者です。比例代表では5人の議席を獲得するためがんばります。ぜひ力をかしてください」というと「本当に共産党にがんばってもらわないとね」「年金は減るし、病院代や介護の負担は重いしこの先どうなるんじゃろうか」「消費税が8%なんて困るわぁ」と話が弾みました。

 「しんぶん赤旗をぜひ読んでください」とすすめると「Kさんがきてくれたんじゃから」と購読してくださる方が5人増えました。「誰かが言ってたけど、赤旗は紙面全部いいことが書いてある。他の新聞は読むところが少ないよ。全然違うわ」というあたたかい言葉もかけていただきました。

 明日、明後日と訪問、対話。週末は、後援会が開いてくださる集いに、仁比そうへいさんと参加、いじめシンポジウムもあります。がんばりま〜〜す。

「いじめ」のない学校と社会を

 いじめ、体罰の問題が大きな社会問題になっています。日本共産党は、昨年11月、提案「『いじめ』のない学校と社会を」を発表し、さまざまな立場の方との懇談やこの問題をテーマにしたシンポジウムを開くなど、取り組んでいます。

01
 今日は、ある先生とお話する機会があり、いじめ問題の「提案」を紹介して意見交換させていただきました。 私には小学生と中学生の子どもがいます。子どもが中学生になるときに、ご縁があってPTAの役員をさせていただくようになりました。役員をするようになって、改めて思ったのが、「先生はたいへんだなぁ」ということです。PTAの会議が終わる夜9時になっても、ほとんどの先生が残って仕事をしていらっしゃいます。子どもが毎日書く「生活ノート」に赤ペンでコメントを書いてくれ、いつ休憩されてるんだろう…と心配になります。

 今日のお話でも「とにかく少人数学級にしてほしいというのが一番やってほしいことですね」とおっしゃってました。いじめはあるという認識をもってあたらないといけない、そのためにも一人ひとりの子どもにしっかり目を向けられるような条件整備が必要だということです。「教員みんな苦悩しながらやっている。子どもはみんな大事。」とも話されました。先生ともしっかりわかりあって、親どうしもつながりあって、子どもの成長を支えていきたいと思いました。現状ではとても難しいことだけど…。

 30日には、いじめ問題をいっしょに考えよう というシンポジウムをおこないます。方向を見出せる機会にしたいです。

2013年3月25日 (月)

TPPで農林水産業に壊滅域被害

 今日のしんぶん赤旗の1面トップは、「TPPで農林水産に壊滅的被害がもたらされる」という問題です。

 15日に、政府が影響額の試算を発表したのですが、その試算に準じて14道県がそれぞれ影響額をまとめています。

 岡山県は、影響額407億円、大麦94%減、牛乳乳製品93%減、豚肉45%源、米32%減などという試算結果になっています。

 農業が壊滅するということはその関連の小売や流通関連産業にも影響が及ぶし、水利や自然環境保護などの役割が大きな影響を受けることになります。でも、共同通信の世論調査では、TPP参加表明に対する「支持」は62.7%、「主張が認められるまで交渉を継続すべき」 が71.8%。 なんで〜〜(u_u)

 「主張が認められるまで」と言うけど、そんなことできないのがTPPじゃないのかなぁ。

2013年3月23日 (土)

操南後援会つどいと総会

 岡山市中区の日本共産党操南地域後援会が「春の集いと後援会総会」を開き、私も参加させていただきました。

  なんと交流はケーキバイキング。チョコレートケーキ、チーズケーキ、シフォンケーキ、桜餅、ゴマ団子、フルーツゼリーがすべて女性陣の手づくりで準備されました。麹からつくった甘酒もとてもおいしかったです。女性陣がリードするとこういう楽しい内容になるんですよね〜。

201303232
 さて、私は、参院選岡山選挙区の候補者として、自己紹介と決意、参院選で問われる国政の焦点ー賃上げで景気回復、TPP、社会保障、憲法などの問題で解決の方向と展望をお話しました。「(何をやっているのかわからない議員も多いので)参議院は必要なのでしょうか。共産党はいいことをいっていると思います」「今度は国政の議席をとれると思ったのですが…本気でがんばってほしい」などのご意見がよせられました。

20130323
 氏平みほこ県議は「切実な要求を政策化して議会質問にいかすことが大事だ」と、2月議会で質問した重度の障害をもった子どもの医療支援体制の充実、震災被災者の支援など前進した課題を報告しました。林潤岡山市議は、国保料を据え置くことができたことなど岡山市議会での論戦について報告しました。

  後援会の次の行事は「水餃子をつくって食べよう」。私も会員になりたい。

2013年3月22日 (金)

一斉宣伝2日目、岡山市内で宣伝。

 昨日に続いて今日は、早朝の岡山駅前での宣伝に始まって終日街頭宣伝しました。

 2

 岡山駅前では、衆院中国ブロックの石村智子国民運動委員長といっしょに訴えました。私は、TPP参加の問題、賃上げと景気対策の問題を主にお話しました。どちらもほとんどの人にとって関わりのある大切な問題だと思っているのですが、関心をもってもらうような演説はとても難しい〜〜。 一期一会っていうか、その時聞いてくれる方とは二度と会えないつもりで、緊張感もって真剣勝負で演説するという候補者の経験も聞いたことがありますが、そこまでなかなかたどり着けない…。

 午前中は岡山市北区の党支部の皆さんと一緒に5か所で演説をしました。お昼は毎週恒例の原発抗議行動にも参加しました。午後は林潤岡山市議と3か所、竹永光恵岡山市議と3か所で訴えました。

201303221

2013年3月21日 (木)

倉敷市でキャラバン

今日は一日中、倉敷市で街頭宣伝をおこないました。候補者発表して以来、一日中街頭でひたすら訴えるのは初めてです。

 日本共産党倉敷地区委員会にお世話になり、須増伸子副委員長に宣伝カーを運転していただいて児島地域と水島地域をまわりました。

 須増さんは、倉敷医療生協の同期入社の一人で、私よりも少し早く退職して、このような道に入りました。昨年の総選挙では、岡山4区の候補者を務め、仕事の上でも候補者活動も大先輩です。年は同じなのですが。

 午前中は児島地域で、末田正彦市議と3か所で宣伝。午後は、田辺昭夫市議と8か所で宣伝しました。車から手をふってくださったり、スーパーで買い物中の方が立ちどまって聞いてくださったり、となかなかの反応。水島では、お昼休みの時間に倉敷医療生協の職員のみなさんや地域のみなさんが演説を聞きに出てきてくださって50人くらい集まっていただきました。いっしょに仕事をした先輩もいて嬉しくてちょっと言葉に詰まってしまいました。

201303212
 「共産党しか自分たちの思いをわかってくれる政党はない。政党助成金をもらっていないところがいい」「一党独裁とかいわれるけど、これは自民党なんかが流していることでしょう。自民党こそ、自分たちの思い通りに、税金も勝手に引き上げることをして、腹が立つ」と、演説を聞いた男性が話してくれました。

 宣伝カーの後ろに車をつけた若い女性が、宣伝している私たちをスマホで撮ってなにやら発信してくれたという不思議な体験もしました。

 TPP参加がなぜ問題なのか、賃上げと安定した雇用の拡大で暮らしも経済も回復を、といった日本共産党の政策を知っていただいて、参議院選挙でどのような政治の方向を選択するのか、その気運をつくっていくことが、街頭宣伝の大事な役割です。明日は、岡山市で宣伝します。がんばります。

2013年3月20日 (水)

賃上げ・雇用アピール学習会

 日本共産党岡山県委員会の主催で、このほど発表したアピール「賃上げと安定した雇用の拡大で、暮らしと経済を立て直そう」の学習交流会が開かれました。私たちはこのアピールをもって労働組合やさまざまな団体と懇談したり、交流会への参加をお誘いしたりしてきたので、労働組合の役員さんも参加されていました。日本共産党岡山県委員会の松田準一副委員長が講師を務めました。

Img_09172
 アピールは、いま国民の暮らしの実態を考えても、日本経済のこれからの発展にとっても、働く人の所得を増やす、賃上げと安定した雇用を広げていくことが特別に重要になっている、そして財界、経済界の賃下げ圧力をはねのけるような国民的なたたかいを起こしていける可能性が生まれている、という分析にたってまとめられた政策的アピールです。

 日本は、長期に渡って賃金が下がり続けていて、最低賃金の水準も世界最低、非正規雇用が急に増えて、リストラも横行している世界のなかでも異常な状況です。この日本経済の実際の姿にてらして、働く人の所得を増やすことこそが、デフレ不況を打開するカギです。

 そのために、大企業にある内部留保を活用すれば、8割もの大企業で月1万円の賃上げができる、それもごくわずかで、トヨタの場合は0.2%で月1万円の賃上げができる、と示しています。

 質疑応答、交流の時間のなかでは「大企業職場の始業前にアピールビラを配布したが、みんなよく受け取ってくれた」「働く人の使い捨てが、モチベーションを下げ技術の継承を断ち切り結局、経済成長を妨げるという指摘が大事だと思う」「公務員の賃下げ圧力のなかで賃上げが正当な要求だという世論をどう起こしていくのかがカギだ」などたくさんご意見を出していただきました。

 安倍政権の経済政策、金融緩和の影響が本格的に出てくると経済や国民の暮らしは破綻に向かう、というのは日本共産党と立場は異なる人たちからも聞かれる声です。そのようなことが現実にならないよう、このアピールを活かしてたたかいを起こしていきたいと思います。

012

2013年3月18日 (月)

赤磐市民病院を守ろう

 午前中は会議でした。午後は、赤磐市の川澄章子候補の事務所に伺いました。

 電話で支持をお願いしたり、すぐに届ける後援会ニュースの封筒詰めなどお手伝いしました。電話をかけた地域は、赤磐市民病院の周辺。この病院を診療所に後退させる問題が起きていて、心配と不安が広がっています。

 川澄さんは、「診療所にするのは反対。市民病院として医療活動を続けてほしい」と声をあげてきました。今日の電話でも「病院を残してください」「いまは大丈夫だが、これから年をとった時、やはり近くに頼りにできる病院がないと困る」といった声が寄せられました。

 選挙前の2月議会で、市長は(市長選挙も同時におこなわれています)、市民病院の診療所化について「選挙後の新しい議会て決めていくことになる」と答弁しました。市議選で、これまで診療所化に反対して運動してきた川澄章子さんと福木京子さんの2議席確保が絶対必要なのです。

2013年3月17日 (日)

赤磐市議選告示、そして瀬戸内市へ

 今日から、赤磐市の市長選挙と市議会議員選挙が始まりました。日本共産党は、市議選挙に、福木京子、川澄章子候補をたてて現有議席確保に全力をあげます。

 私は、福木京子候補の出陣式であいさつさせていただきました。安倍政権になって3か月。給料はあがらないのに物価はあがる、原発再稼働、憲法改正、さらにはTPPへの参加表明。国の悪政がくらしを直撃しているときだからこそ、地方政治で、防波堤となって住民のいのちと暮らしを守る日本共産党の2議席がどうしても必要です。といった内容で、福木さんの実績も紹介してお話しました。

2013
 選挙カーを送り出した後は、事務所で電話かけのお手伝い。「市政に期待できない。福木さんはよくやっている。必要な議員だと思う」「福木さんのいっていることは共感できる」といった声をお聞きしました。投票日まで、私もがんばります。

 午後は、瀬戸内市でおこなわれた「市議選•参院選にむけた決起集会」に参加。瀬戸内市では5月26日告示、6月2日投票で、市議会議員選挙があります。参議院選挙は、その1か月後の7月4日公示です。

 瀬戸内市には、日本共産党の議員が2人。島津ゆきえさん(2期8年)と、ことうあきおさん(1期)の30代子育て世代コンビです。2人の議員は、市政のチェック役として「ならぬものはならぬ!」と厳しくただしてきました。また、市議会の論戦や市政の課題などを掲載した市議団ニュースを発行し、生活相談にもていねいに対応してきました。市民にとって大事な2議席です。

 私は、瀬戸内市の後援会のみなさんの前でお話するのははじめてなので、自己紹介と決意をのべました。「私も生まれは香川県です」と声をかけていただいたり「共産党は次つぎいい候補者がでてきますね」といっていただきました。

2013年3月15日 (金)

科学者9条の会講演会

 参議院選挙に向けて連名ポスターができました。これから地域に急いで貼り出したいと思います。

2013
 お昼は恒例の中国電力岡山支店前の原発抗議行動に参加しました。通行している方からの激励もありました。

2013031512
 憲法を守り活かすことを目的に活動する「科学者九条の会•岡山」設立7周年記念講演会が開かれ、講演を聴きに母校の岡山大学にいってきました。記念講演の弁士は、小畑隆資岡大名誉教授。小畑先生は、私の恩師でゼミで大変お世話になりました。

 講演のテーマは、「自民党の国防国家構想ー『日本国憲法改正草案』(2012年4月27日)の検討ー」。自民党の憲法改正草案の条文と現行憲法とを対比して、9条だけにとどまらない国のあり方そのものを変えようとする改憲の狙いを浮き彫りにしました。

201303
 印象的だったのは、「自民党の改憲案をていねいに読むと、逆に現行憲法の価値、何を守らないといけないかがわかる。権利を握っている勢力が現行憲法のもとでいかに縛られているか、彼らの焦りも読み取れる。この憲法に自信と確信をもとう」という分析です。

 3月12日のJNNの世論調査結果は、集団的自衛権について「行使できるようにした方がよい」39%、「行使できないままでよい」53%。

 憲法改正の発議、3分の2以上の賛成を2分の1以上の賛成に「賛成」40%、「反対」49%。

 主権回復の日に「賛成」36%、「反対」33%。

 国民は冷静に判断しているし、憲法は最後の砦、守るべきものという意思の現れを感じました。科学者会議として、憲法問題で大きな世論を巻き起こすアクションを起こそうということも語られました。

 記念講演の後、懇親会がもたれ、私も参加させていただき、楽しく交流。この4月から岡大に赴任してこられた若い女性講師とお話ができました。「岡山ははじめてで何もわからず、女性の方がいらっしゃってよかったです」と意気投合。でも任期付きの身分で期限がきれたらまた次の職場を見つけないといけないとのこと。研究者のおかれた厳しい状況も話題になりました。

2013年3月14日 (木)

地域総行動、北区で宣伝と対話

 今日は終日、岡山市北区で行動。寒くて寒くてヒートテック2枚に靴底にはホッカイロを敷いてがんばりました。

 午前中は、石村智子さん(昨年の総選挙の中国ブロック比例代表候補)のお父さんに宣伝カーを運転していただいて、辻々で街頭から訴えました。「ここは古くからの支持者」「いつもポスターを張らせてくれるお宅」など、地域の様子を教えていただきました。

 お昼は、労働組合のみなさんが、全国いっせいに取り組む地域総行動に参加し、デモ行進しました。出発前に、昨日の、大手自動車メーカー•マツダの防府工場を派遣切りされた15人が、正社員としての地位確認などを求めたマツダ訴訟で、13人を正社員と認める勝利判決が出されたことが紹介され、「安定した雇用、人間らしく働ける社会の実現へ、たたかいをいっそう強めよう」という話がありました。参加者は「賃上げを勝ち取ろう」「雇用は正社員に」と、シュプレヒコールをあげて沿道にアピールしました。

201303142
 午後は支持者や新しくつながりができた方を訪問。「安倍政権ができて2か月たちましたが、どうですか?」とお聞きすると「本当に恐ろしい。自公だけでなく、維新もみんなも同じかもっと悪い役割を果たしている」「年金は減るばかりなのに介護保険料など負担は増える。この先が不安」といった声をたくさんお聞きしました。

 「憲法は変えてもいい」という男性は「でも戦争は絶対ダメ。戦争につながることを許してはいけない」と話しました。

 放射能汚染から母子ともに避難してきたお母さんとお会いしました。総選挙で岡山1区の候補者だった私の夫が、訪問活動のなかで出会った方。その後もこの地域の党支部とつながりを深めています。「(参院選の候補者は)もしかしたら奥様かなと思ってました」と歓迎していただきました。安倍政権になって原発ゼロもあっさり放棄したことから始まって話題は、前日の維新の会の国会質問に。「テレビ見てました。何をいっているんだろうって腹が立つというか呆れました」と話されました。国会の多数派と国民の思いがいかに乖離しているかを実感しました。

 夜は、党支部の会議を2か所訪問。総選挙の取り組みがどうだったのか、から始まって方針を自分たちでしっかり具体化して参院選で必ず勝利しよう!と話し合った楽しい会議でした。

2013年3月13日 (水)

3.13重税反対岡山集会

 今日は、各地で「3・13重税反対全国統一行動」がおこなわれました。私は、岡山市の集会•行動に参加しました。

2
 「全国統一行動」は、平和で、安心して働き、生きることを願う団体•個人が、重税反対の一点で集まって1970年に始まりました。毎年、国民生活を守る要求を国に対して突きつけてきました。今年は、「消費税増税中止、社会保障改革推進法廃止、大企業減税•TPP•原発反対、金融円滑化法を延長し、地域循環型経済で国民生活の改善を」のスローガンを掲げました。

 私もこの間、「価格に転嫁できないのに、消費税は納めないといけない。それは厳しく追求されますよ」「消費税があがったら間違いなく廃業です」など、切実な声を聞いてきました。

 集会に氏平みほこ県議とともに参加。私はあいさつで、「中小業者とそこに働く労働者が日本経済を支えてきた。中小業者の営業を破壊して経済成長はない。中小業者を支援し、労働者の賃金を引き上げることが日本経済の再生につながる。消費税の増税は中止を」といったことをお話しました。

 集会後、税務署までデモ行進。「消費税増税するな」「大企業減税やめよ」などと声をあげながらアピールしました。先頭をチンドン屋さんの三人グループが歩いて盛り上げ、注目度抜群*\(^o^)/*

2_2
 岡山集会は500人が参加。他にも倉敷市、玉野市などでも集会が開かれました。一日早く昨日も岡山市東区西大寺、瀬戸地域などで取り組まれました。

2013年3月12日 (火)

働くみなさんへのアピールで県と懇談

 日本共産党は「働くみなさんへのアピール―賃上げと安定した雇用の拡大で、暮らしと経済を立て直そう 」発表しています。

http://www.jcp.or.jp/web_policy/2013/02/2013214.html

 今日は、石井ひとみ党県委員長、森脇ひさき県議、氏平みほ子県議とともに岡山県産業労働部を訪ね懇談しました。

Photo

 私は、「賃金の引き上げこそデフレからの脱却のカギであり、内部留保の1%程度を取り崩せば8割の企業で月1万円の賃上げができます」と日本共産党のアピールの内容を説明しました。

 産業労働部長は、「岡山県経済にとっても安定した雇用と言うのは大事です」「インフレターゲットと言うのであれば、賃上げもやってもらわなければ大変になる」などとのべました。

 今後も、経済団体、労働組合など幅広く懇談をすすめていきたいと思います。

2013年3月10日 (日)

remember3.11 walk&talk

 2度目の3月11日を前におこなわれたremember3.11 walk&talkに、家族とともに参加しました。

Img_08992
 会場である石山公園には約400人が集まりました。10時半から、主催者を代表して大塚愛さんがあいさつ、そのあとギターや三味線で原発ゼロへの思いを訴えていました。

 11時からウォークに出発。何とか天気はもってくれましたが、とにかく寒い。気温がぐんぐん下がっていってる感じでした。「原発いらない」「子どもを守れ」とアピールしながら歩きました。

 出発前の会場で、岡山大学の先輩と再会。「びっくりしたで〜〜。がんばってな。みんなにメール送ったで」と激励していただきました。他にも岡山民報記者だったころによく取材先でご一緒させていただいた某民放の元記者さん、岡山市の職員労働組合の元役員さん、倉敷医療生協の職員だったときにお世話になった方々ともお会いし、再会を喜び合うとともに「がんばってね」と声をかけていただきました。ウォーク終了後に雨風が強くなりました。北日本はもっと荒れてるんでしょうね。被害がでないとよいのですが…。

下石井公園に設けられた献花台に献花をしました。

Img_09082
 日本共産党の志位和夫委員長が昨日、福島第一原発を視察しました。現状は収束とは程遠く、とくに汚染水の問題が深刻。毎日汚染水が増え続け、1000tのタンクが2日半でいっぱいになるという状況です。収束の見通しも立たないなかで、安倍政権が原発の再稼働をすすめようとしていることに怒りでいっぱいです。「原発いらない」「全原発を廃炉に」の声を広げていきたいと思います。

岡山市東区で宣伝と対話

 昨日は一日、岡山市東区で行動。午前中から昼過ぎにかけては宣伝カーで宣伝。大型スーパーや大通り、住宅街の一角で車を停めて、主にTPP参加の問題と賃上げと安定した雇用の拡大で日本経済再生を訴えました。

 安倍首相は今週にもTPPへの参加を正式に表明すると伝えられていて、とても緊迫しています。

 安倍首相は「関税撤廃の例外が認められた」といっていますが、全くのごまかしです。TPPに参加するとどうなるかを農水省が試算していて、コメは9割方外国産の安いものになる、国産の牛乳は100%壊滅、関連産業も大打撃で損失は8兆円、340万人の雇用が失われるというのです。医療保険や公共工事の入札などあらゆる分野が対象になります。

 なので、自民党のみなさんは、12月の総選挙で「TPP参加は絶対反対」と公約に掲げ、議席を獲得されました。ここは是非、公約を守っていただきましょう。急いで、TPP参加絶対させない!の声を1人でも多くのみなさんにお伝えし、いっしょにたたかいをおこしていきたいです。

 午後は、竹永光恵岡山市議と赤旗読者や支持者のみなさんを訪問。竹永市議が日ごろ丁寧にみなさんの相談にのっているのでどこでも歓迎していただくとともに、また相談がよせられたりでついつい長居。「消費税が10%になったらお店を閉めます。お客様にはいただけない。でも税務署は厳しいですよ」「この辺りは高齢化で90前後の人たちばかり。町内会が運営できない」などなど。1人、赤旗を読んでいたけることになりました。

 この日歩いた岡山市東区西大寺は、2月の西大寺観音院会陽をはじめ、レトロな街並みを活かした町おこしで発信しています。「コーヒーがのみたい〜〜」とたちよったお宅は築150年。映画「三丁目の夕日」や「トンビ(NHK版)」のロケが行われた五福通商店街の一角にありました。というわけで写真はそこでの一枚。小泉今日子さんが座った席で。

556727_250668121737198_1885711891_n
 実は同い年(笑)

2013年3月 8日 (金)

国際女性デー

 今日3月8日は国際女性デーです。世界の女性たちが生活の向上、男女平等、平和のためにいっせいにたちあがる日です。日本でも各地でさまざまな行動がおこなわれたようです。

 国際女性デーは「パンと権利と平和」をかかげたたたかいの日としてつくられ今年で103年、日本ではじめておこなわれてから90年になります。岡山でも集会が開かれ、私も参加しあいさつさせていただきました。

 集会のテーマは憲法を守ろう!私は、安倍政権がまずは何としてもやりたいと思っている「集団的自衛権」の行使の問題についての共同通信の世論調査結果を紹介しました。それは、女性は「反対」が58.9%だったのに対して男性は「反対」が37.9%、「賛成」が58.1%という結果でした。女性の、いのちを生み出す性としての選択、判断が現れているのではないか、ここに女性が声をあげることの大事さがあり、女性の力がいのちや暮らしを守る政治を実現していく可能性がある、とお話ししました。

 後の予定があり残念ながら退席させていただきましたが、集会では日本国憲法の起草に携わったベアテ•シロタ•ゴードンさんのDVD「私は憲法に男女平等を書いた」を上映。ゴードンさんは昨年亡くなられましたが、参院憲法調査会で発言されたり、日本各地で講演されました。岡山にもこられて、私が岡山民報記者だったとき取材したことがあります。

 以下、ゴードンさんの発言から私が大好きな個所を

 「押しつけられた憲法だから改正するべきだ」という主張がありますが、人と人との間で押しつけるという場合、よいものは押しつけないものです。日本の憲法は、アメリカの憲法よりすばらしいものですから、「押しつけ」という言葉は使えないと思います。

 日本の進歩的な男性と少数の目覚めた女性たちは、19世紀から国民の権利を求めてたたかっていました。この憲法は、国民の抑えつけられていた意思を表したものです。この憲法は半世紀をたえてきました。私は、世界の憲法のモデルになると考えています。このすばらしい憲法を世界の人に教えなくてはならないと思います。

20130308

 写真は、DVD上映のあと補足説明された岡山県労働者学習協会事務局長の長久啓太さんと。

今日は、毎週金曜日の原発抗議行動、支部や後援会へのあいさつなど、ハードスケジュールです。

 お金を乗せてやると、猫が手を出してお金を中にいれる という貯金箱。後援会事務所で出会いました。面白いのでついついお金を置いてしまう…これはいいσ^_^;

20130308_2

2013年3月 7日 (木)

吉備津地区での宣伝

 岡山市北区吉備津地域の地域党支部のみなさんと街頭宣伝にでました。支部長さんをはじめ5人参加し、私がハンドマイクで話しました。その間に、チラシをポストインしたり、赤旗をすすめたりしました。

 候補者として活動をはじめて、早くご挨拶に伺いたいと思っていた方ともお会いすることができました。1人は、今はベッドで横になっていることが多い高齢の男性党員です。自宅にあがらせてもらい握手すると「がんばってぇよ」と力強く握り返してくれました。先の総選挙では、お嫁さんになる方が「お義父さん、お義母さんがずっとがんばってきたから」と、動き回ることができないお義父さんにかわって、近所に日本共産党の支持を訴えてくれたのでした。支部も私も励まされました。「選挙は日ごろが大事じゃけぇなぁ」とお互いにがんばることを約束しました。

 もう1人は、足守川をパイプライン化する国営事業に反対して住民訴訟をたたかった林清市さんです。私が岡山民報社の記者(1998年〜2003年)をしていた駆け出しの頃、取材に応じていただきました。新人記者の私に、事業の問題点や国の不当性を丁寧に話してくれました。この事業は国が断念したことで決着したわけですが、科学的知見を総結集し、道理を尽くせば世論を動かすことができるし道を切り開くことができる、と学ばされました。年を重ねられてはいますが、お元気そうでお会いできたことを喜びあいました。

 今日は6個所で宣伝。赤旗日曜版を読んでいただける方も1人できました。天気もよく最高の宣伝日和でした。

 宣伝のあと立ち寄ったお宅で休憩。美味しいお茶と新鮮なイチゴをいただきました。

20130307

2013年3月 6日 (水)

春が近づいています。

 午前中、岡山市東区のある地域の党支部の会議におじゃまして、あいさつさせていただきました。

 この日は89歳になられる女性党員も参加していました。少し前まで入院されていて、久しぶりの会議参加だそうです。「入院中に6中総は読みましたよ」と話しておられ、赤旗日刊紙や党の中央決定をしっかり読んで活動に活かすという姿勢に、私も学ばされました。

 午後は、岡山市北区の地域支部の支部長さんと、総選挙でつながりができたお宅を訪問してお話させていただきました。

 「比例代表選挙はなじみがない。選挙はやっぱり人をよく知って入れるところを決めたい」と言われたのですが、「政治にやってほしいことは何ですか?」とお聞きすると「景気対策ですよ。上の人たちがいろいろ簡単に決められるけど、今日、明日の生活でいっぱいいっぱいの私たちの実感とはかなり距離があります」「消費税を払えなくて困っている中小企業の方は大勢おられると思いますよ。私も働いていた時の実感からですが、自分の報酬を削って払っています」「年金が削られるのを何とかしてほしい。介護保険料はしっかり天引きされる。取りはぐれのないところから取るだけとって」などなど怒りでいっぱいです。

 日本共産党の「働くアピール」を紹介し、消費税増税阻止の署名をお願いすると協力していただけました。

 今日は暖かい一日で、歩くと汗ばむくらいでした。週末は20度まであがるとか。この先どうなるのでしょうか。

 歩いていて梅(だと思う)が咲いているのを見かけました。

20130306_2

2013年3月 5日 (火)

中国ブロック女性後援会連絡会

 日本共産党中国ブロックの女性後援会連絡会が開かれ、私も参加しました。

 私は、日本共産党の岡山県女性部長です。女性後援会のみなさんと、これまでも宣伝や小集会などに取り組んできました。中国ブロックは、5県の女性後援会が日本共産党の躍進のために力をあわせましょう と、定期的に集まりをもっています。

 参院選を前に「後援会ニュースをつくった」「後援会の役員体制を確立した」「学習が大事。景気対策をテーマに学習会を開く」「いつでも要請にこたえられるようにアナウンサー教室を計画した」などなど、各県ともに女性らしく楽しみながら参院選に向け取り組みをすすめています。

20130305

 中国ブロックは、山口県、広島県、鳥取県などの電気産業リストラ問題、TPP、米軍岩国基地のオスプレイ飛行問題、島根、上関など原発再稼働など、安倍政権のすすめる施策と国民との矛盾が噴出している地域です。TPP問題で、現農水相の出身県は山口県ですが、JAやまぐちの代表はすぐに農水相に抗議したそうです。

 今日は、女性後援会で目標ももって宣伝しましょう、などを決めました。明るく楽しく元気いっぱいの日本共産党をアピールできるよう、私もがんばりま〜〜す*\(^o^)/*

2013年3月 3日 (日)

京橋朝市、春闘学習決起集会

 早朝、京橋朝市で宣伝しました。氏平みほこ県議と女性後援会のみなさんと一緒です。

20130303_3
 「がんばってくださいね」と激励をいただきました。私は、大学卒業して倉敷医療生協で5年間働いたのですが、その時の同期入社の方と偶然、再開することができました。朝市には県内各地からお店を出されています。「蒜山から朝3時に出てきた」という、朝市始まって以来ずっと出店している方ともお話ししました。

 宣伝後、あたたかいうどんを食べて暖まりました。

 さて、今日は、娘がピアノの試験を受けました。いつもは私が付き添うのですが、今日はお父さんの付き添いです。このところ練習がんばっていたので、普段の力が出せるとよいのですが。出せたかな?

 実は、娘ができたら一緒にピアノを習うのが密かな夢でした。が、現実はうまくはいかず…老後の目標になるかなぁ。

 岡山県労働組合会議などが主催する「岡山県春闘共闘学習総決起集会」に参加し、連帯のあいさつをさせていただきました。

 集会では、倉敷市の方でビルメンテナンス会社の社長さんの寺居勉さんが「消費税増税と中小業者のたたかい」というテーマで講演されました。寺居さんは、ご自分の会社の得意先が倒産したり、ご友人の何人かを自殺で亡くされたことから、「これは何かおかしいことになっている。政治は何をやっているのか」といった疑問をもつようになりました。「朝起きて会社の電気を入れたら、そこから赤字」「儲けは全くなくて赤字なのに消費税は払わないといけない」「子どもに大学をやめてもらおうと思うがまだ言えてない」「消費税に殺される」…こうした声を聞いてきて「どうしてみんなが苦しんでいるのか、自分が知らないといけない」と思っておられた頃に倉敷民主商工会(民商)と出会いました。民商で、消費税という税制の仕組みを学び、自分が経験したこと、知ったことを広く伝え行動しなければ、と今、さまざまな機会にお話をされています。「消費税関連のニュースは政局ばかりだか、肝心なのは私たちの暮らしがどうなるのか、です」「消費税増税で経済はさらに悪化しもっと多くの失業者や企業倒産につながります」「私は消費税増税に断固反対します」というお話は、実体験をふまえたものであるだけに説得力をもつものでした。

 屋内での集会のあと、デモ行進。「賃上げと安定した雇用で景気回復」「消費税増税やめよ」とアピールしました。

201303032



2013年3月 2日 (土)

賃上げと安定した雇用こそ

 日本共産党は全国の職場、地域、学園に支部があり、「国民の苦難あるところ日本共産党あり」をモットーに活動しています。

 今日は、ある職場支部の会議にごあいさつに伺いました。私は、生い立ちや立候補の決意を伝え、「働くみなさんへのアピール」を紹介して「賃上げと安定した雇用の拡大こそがデフレ不況打開のカギになるし、日本経済も立て直すことにつながります。たたかいを広げましょう」とお話ししました。

581885_246857778784899_2039058555_n
 参加していたみなさんからは「給料が減らされ続け、モノが売れなくなって経済がさらに冷え込んで、また給料が下がるといった悪循環を断ち切らないといけないというのはそのとおり」「春闘で賃上げ要求しているが、なかなか難しい。公務員の報酬引き下げが口実になっている」「会社の内部留保の1%で全社員5千円の賃上げができるのに」「一つの会社だけでは難しい。政治の責任で全体として動かさないと。そうすることで、景気が上向き好循環のなかで会社の営業拡大にもなることを広く知らせたい」といった意見が出され「アピール」を生かしたたたかいが起こっていることを実感しました。

 話題は、TPP参加で日本の産業や国民生活はどうなるのかといっことや憲法改正にも及びました。「アピール」は、国民の暮らしにとっても日本の経済にとっても働く人の所得を増やす、賃上げと安定した雇用を広げていくことが特別に大事になっているという現場認識にたってまとめられました。こうした論調が政治的立場や経済学の分野の違いをこえて共通の見方になりつつあります。世論をさらに広げるだけの目に見えるたたかいを起こし、何としても実現させたいと思います。

 今日は、雨が雪に変わり寒い一日でした。北日本は大荒れだったようですね。心配です。

2013年3月 1日 (金)

原発抗議行動に参加

 毎週金曜日の「原発ゼロ行動」-中国電力岡山支社抗議行動が今日もおこなわれ、参加しました。中国電力岡山支社を6周するアピール行動です。

Img_55192
 安倍首相は、先日の日米首脳会議でTPP参加へ踏み出す発言をしましたが、原発問題でも民主党政権のときの「2030年代に原発ゼロ」の方針を「ゼロベースで見直す」と表明しました。世論は圧倒的には   原発ゼロ!だし、福島のみなさんが変わらず厳しい状況におかれていて、子どもたちのことを思うと胸が痛むし怒りでいっぱいになります。私たち国民のことよりもアメリカとの信頼関係を優先する姿勢、これでいいのでしょうか、という思いです。

 「原発がなくなるまでがんばろう」が合言葉。毎週(雨が降っても)やっています。お近くのみなさん、ご一緒にアピールしましょう。

 写真はちょっと厳しい顔をしていますが、歌を歌いながら楽しく歩いていますよ。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »