フォト
2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 地域に溶け込む | トップページ | 春のつどい »

2013年3月29日 (金)

ひたすら訪問・対話

 今日もひたすら地域を歩く…朝からお昼を過ぎてまで玉野市の私が住んでいる地域周辺、夕方は昨日の続きで吉備津神社周辺を歩きました。いまと将来への不安、政治不信の声をたくさんお聞きしました。

・これから子どもにますますお金がかかるし、自分たちの将来もとっても不安。子どもには頼れないし。個人年金保険に入ろうかと検討中。気兼ねなく何でも話せる同世代の仲間って大事。子どもが小さいときはよく集まっていたけど、子どもが大きくなるとそういう機会も少なくなる。(子ども劇場の活動でご一緒していたお母さん)

・夫を介護している。国民年金ではとても生活できない。生活保護制度について相談したい•ぜひ医療費の負担を減らしてほしい。高額医療費の限度額引き下げも必要。そういうところにお金を使ってほしい。患者さんの「病院代が払えない」という声をたくさん聞いてきたので。消費税あげられたら病院はやっていけない。

・自民党も民主党も結局同じことをやっている。民主党はもう消えるし。自民党も大型公共事業にバンバンお金使えば何とかなると思っているのか、田中角栄のころと何も変わっていない。

・TPPで私らがつくっているお米はダメになる。安い外国産のが入ってくる。また自民党に戻ったけどやっていることは心配なことばかり。

 あと3か月。不安と政治不信でいっぱいの多くの人に、どれだけ日本共産党の改革提案を伝えることができるか。私自身の模索と探求が続いています。

20130329
 夜は、中学校PTA役員の送別会がありました。PTAの役員をするようになって、改めてつながることの大切さを実感しています。年度末、年度始めは学校現場はとても忙しい。お世話になった先生の何人かも異動が決まりました。別れとまた新しい出会いの季節です。

« 地域に溶け込む | トップページ | 春のつどい »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

> 個人年金保険に入ろうかと検討中。

これからインフレになろうか、アベ自民等政権が下手をすればハイパーインフレになりかねません。
利率上昇して国債の利払いの増加で財政破綻しかねません。
そういった大きな変動が起きた時、生命保険会社などが無事かどうか判りません。

下のページに色々書いてありますが、結局、庶民には、よく判らないし判ったとしても手が無いということです。
社会保障・社会福祉で、基本的な生活が保障される仕組みが無いと生活保障は困難だということです。
 
 
貯蓄型保険はインフレリスクが高いのか?
http://www.if-nenkinhoken.com/inflation.html
 
 
国債に、物価連動型というのがあるみたいですが、国債も返せないくらいになっていますし、アベ自民等政権が、それに上塗りするように増発します。
無茶苦茶ですね。

アメリカ政府はアベノミクスを認めている様ですから、アメリカの要求に沿っているのではないかと思います。
アメリカ寄り財界盲従の政治から決別しなければなりません。

国民年金基金は、物価連動しないそうです。
庶民には、自己責任を求めるアベ自民等政権ですが、インフレにより国民の苦しい家計の中での自助努力を水の泡にすることは止めてもらいたい。

2%のインフレだと、四十年後には、220%余り、2倍以上になります。
財政破綻からハイパーインフレになると計算する意味がなくなるほどの倍率になるでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592218/57063598

この記事へのトラックバック一覧です: ひたすら訪問・対話:

« 地域に溶け込む | トップページ | 春のつどい »