フォト
2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« つどいで女性パワーが爆発 | トップページ | 若葉もゆる女性のつどい »

2013年5月11日 (土)

岡山県水平社創立90周年

 今日は、倉敷市で女性後援会が開いた集いであいさつしました。

 私がお話したのは、「日本共産党のここが好き‼」

 その一、いのちを何よりも大事にし、一人ひとりの人間がその人らしく豊かな人生をおくることができる社会をつくろうと粘り強くとりくんでいること。いのちを大事にすることに真っ向から反する侵略戦争に反対を貫いて、いま憲法9条を守り、9条をいかした外交努力をおこないアジアと世界のゆるぎない平和を築くことを掲げている政党であること。

 その二、将来のしっかりした見通しをもっている政党であること。日本のすすむべきビジョンを世界とのかかわりで科学の目で解明した綱領をもっていること。

 その三、国民とともに政治を動かすことに努力している政党であること。と話して、参議院選挙で比例代表選挙と岡山選挙区選挙でがんばる決意をのべました。

 TSC(テレビ東京系列)が取材に来られて、ちょっと緊張。会場から花束をいただいて感激しました。

 今日は、岡山県選挙区の自民党候補も女性後援会の集まりを開いたようです。生活実感や子どものこと、介護など、女性の要求をしっかり語り合うことが力を引き出すカギになると思います。女性後援会のみなさんとの集いや宣伝を強めていきたいです。

 本日5月10日は、岡山県水平社創立90周年の日です。その記念のレセプションが開かれ、お祝いにかけつけました。

90
 全国水平社は日本共産党と同じ1922年に創立され「人の世に熱あれ、人間に光あれ」と創立宣言にうたった理念を実現するため奮闘しました。その1年後に岡山県水平社が創立されました。当時の天皇制ファシズムの弾圧、侵略戦争へと向かう社会状況のなかで厳しいたたかいを強いられました。戦後、部落解放運動を発展させ、憲法の自由、平等、基本的人権を力に部落問題を基本的に解決。以後、人権と民主主義を社会に根付かせることをめざして地域の住民運動をすすめておられます。

 90年の歩みが写真や当時の新聞記事などで紹介されました。部落解放、人間の解放を求めて多くの人がたたかいに参加し、その尊い積み重ねの上にいまの社会があることに胸が熱くなりました。

 先人たちからバトンを受け継いで、誰もが人間らしく生きられる、一人ひとりが大事にされる社会へ、憲法を守り生かす政治を実現するため全力をあげる決意を新たにしました。

« つどいで女性パワーが爆発 | トップページ | 若葉もゆる女性のつどい »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

> 「日本共産党のここが好き‼」

公約・政策は、日本共産党のサイトの該当のアドレスを案内して、選挙広報にこのまま掲載して欲しいですね。

「2013年5月12日(日)
政治考 「“自共対決”の構図は自然」
二大政党制崩壊 第三極飽き飽き
「政策 自民に対峙は共産」メディア関係者」

「「共産、闘志再び/『安倍政権は暴走と破綻』/参院選『自共対決』宣言」―日本共産党の第7回中央委員会総会の翌9日、「朝日」はこんな記事を掲げました。時事通信、「産経」、「日経」(電子版)も、「自共対決」に注目したニュースを伝えました。一般メディアからみても「自共対決」がいまの状況を表していると感じる状況が進んでいます。(政党取材班)」

しんぶん赤旗
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-05-12/2013051201_01_1.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592218/57363463

この記事へのトラックバック一覧です: 岡山県水平社創立90周年:

« つどいで女性パワーが爆発 | トップページ | 若葉もゆる女性のつどい »