フォト
2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 政治の逆流を許さず、憲法9条を守ろう。 | トップページ | 玉野市玉でつどい »

2013年5月26日 (日)

瀬戸内市議選告示、青年宣伝

 今日から瀬戸内市議会議員選挙が始まりました。6月2日が投票日です。

 ことうあきお候補の事務所に激励に立ち寄った後、島津ゆきえ候補の出陣式であいさつをさせていただきました。

 島津さんは、1歳の男の子のお母さんです。子育てしながらのがんばりに頭が下がります。もう1人の候補者のことうあきおさんも、3人の子どものお父さん。今日は運動会だったのですが、子どもの活躍を十分に見てやることができませんでした。でも「子どもたちに明るい未来を手渡したい」との思いでがんばっています。私も気持ちは同じ。一緒にがんばります。

 午後からは青年後援会のみなさんと宣伝。岡山市内中心部を宣伝カーを運行して、夕方、岡山駅前で1時間、働くルールを確立するよう求める署名や政治への思いを聞かせていただきながらシール投票をおこないました。

201305261
 景気回復のためにやるべきことは大企業を応援するか働く人の賃金を上げるか、増税するなら消費税か富裕税か、原発は再稼働すべきか即ゼロか、憲法9条96条は変えるべきか変えないか、の4つの項目を聞きました。

 シール投票の結果は写真の通りです。

201305262
 60代くらいの「建設業関連の中小企業の経営者」という男性。「景気回復のためには企業も働く人もどちらも支えてほしい。非正規雇用が増えているが安心して働けるようにしないといけない」「9条、平和外交というのはやっぱり理想ではないか。国どうしの揉め事はなくならない」と。2人組の専門学校生女子。「働くところがなくて就職が厳しくて心配」「消費税が公平に負担するようにも思えるけど、これ以上あがったら大変」「原発は失くすべきでしょ。2年過ぎたのに何も解決していない」「(憲法9条知ってる?と聞くと)知ってます。戦争はしないってやつですよね。徴兵制とかなったら心配。戦争にしないように解決してほしい」。「選挙権ある?」と聞くと「まだないです。でも親に話しときますね」

 ちょっと近寄り難い感じだった1人で歩いていた20代(だと思う)の女性。「運送業の仕事なんだけど、不況で荷物は減ってガソリン代の値上がりで厳しい。やっぱりみんなの給料をあげてほしい。みんながお金使わないと景気はよくならない。お金がうまくまわっていくことが大事ですよね」と。日本共産党の新しい赤旗号外で景気回復の提案を見ていただいて、「考えてることは同じですね」と一致。「選挙は行ってますか?」と聞くと「実は行ったことないんです。でも今度はちゃんといきますね」と答えてくれました。

 週末3日続けての街頭での対話。いろんな方に出会えて楽しい宣伝でした。

« 政治の逆流を許さず、憲法9条を守ろう。 | トップページ | 玉野市玉でつどい »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

> 週末3日続けての街頭での対話。いろんな方に出会えて楽しい宣伝でした。

時間がかかるから難しいことが多いでしょうが、自分で気付いてもらうには、本人に話してもらうのが、一番だと思います。
百%の支持を取る必要は無いのですから、一般には、論破・論難するより、何々なのかな~程度のほうが、多くの場合は、宣伝としては、効果的だと思います。
考えてもらう刺激になれば大変に結構です。

俗説だとしても、テレビや2chなどでどんな議論をしているか、それなりに影響力がある、あるいは影響を受けて述べるので、そんな状況・状勢を掴むと、適切な反撃ができることがあると思います。

子どもさんの運動会に行けなくて惜しかったですね。

「住宅購入に痛手 長期金利急騰
2013年5月24日 朝刊」

「BNPパリバ証券の河野龍太郎氏は「債券市場が多少、物価が上がると織り込み始めただけで、長期金利は1%を付けた」と指摘。「本当に2%の物価目標が実現すれば長期金利は3%になるはずで、さまざまな問題が起こる。危うい土台に乗った金融政策であることが垣間見えた」と語る。」

東京新聞:住宅購入に痛手 長期金利急騰:経済(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2013052402000135.html

「2013年5月27日(月)
消費税増税の是非を一大争点に
NHK「日曜討論」 小池氏が主張
内部留保10兆円増“国民の所得へ”」

「政府が持つべきは賃上げ目標だ」と述べ、それが本当の成長戦略であることを強調しました。」

しんぶん赤旗
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-05-27/2013052701_01_1.html

同じ「一巡」と表現しても、予想が反対になっているのが、面白い。
アベ自民等政権や日本銀行は、無理して相場を支えるのでしょうか。
大企業や大資産家が儲かる環境にするためなら何でもやるようで、新「自由」主義というのは、「市場」への干渉が甚(はなは)だしいですね。
物価高や増税や社会保障・社会福祉切捨てなど、庶民との矛盾が噴出してきています。
 
 
「ここ数日の相場の軟調さは、高水準に膨らんでいた裁定買い残高の解消売りや、信用取引の追い証に絡む売りが拍車をかけたとの見方が多く、目先の需給悪化一巡を見込む声は多い。」
「一方、三菱UFJモルガン・スタンレー証券の芳賀沼千里チーフストラテジストは、先週の日本株調整の一因は米連邦準備理事会(FRB)によるQE3(量的緩和第3弾)の早期縮小観測といい、「世界の流動性相場に一巡感が出るようであれば、日本株の調整はやや長期化するリスクがある」と指摘する。」

東証大引け、円上昇で今年2番目の下げ幅 25日移動平均割れ :国内株概況 :株式 :マーケット :日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/kabu/summary.aspx?g=DGXNASS0ISS16_27052013000000

「また、スイスは永世中立国、日本は平和主義憲法の国であり、侵略戦争や先制攻撃をしないという共通点がある。ひどい戦争に巻き込まれる恐れが小さい国の通貨は、軍事的緊張が強まる不安な時期に買われ易い。しかし、安倍首相が参院選後に憲法改正、国防軍の設置などを本格的に唱え始めれば、日本円が軍事面で安全通貨であるという認識は変わるかもしれない。」

予想外の“金融緩和爆弾”が生んだ円安の転換点は?為替の神のみぞ知る「未知の相場」の読み解き方――植野大作・三菱UFJモルガン・スタンレー証券  チーフ為替ストラテジストに聞く|DOL特別レポート|ダイヤモンド・オンライン
http://diamond.jp/articles/-/35294?page=6

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592218/57466414

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸内市議選告示、青年宣伝:

« 政治の逆流を許さず、憲法9条を守ろう。 | トップページ | 玉野市玉でつどい »