フォト
2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 防衛省交渉。米軍機の低空飛行訓練問題。 | トップページ | 早島町、倉敷市児島で宣伝と報告会 »

2013年5月18日 (土)

高梁市でつどいと宣伝

 17日は高梁市で活動しました。

 高梁市では午前中、新日本婦人の会(新婦人)高梁支部内の日本共産党後援会が開いてくださった集いでお話ししました。

20130517
 新婦人は、平塚らいてうさん、いわさきちひろさんらの呼びかけで結成された女性なら誰でも加盟できる全国組織で、2003年には国連NGOに認定されました。私も会員です。仕事や子育て、介護など日常生活について語り合うなかで、出される要求を実現するため運動しています。

 日ごろから「暮らしと政治は直結している」と実感しているみなさんなので、話したいことがいっぱいです。「国民年金だと満額でも100万円に届かない。女性の独り暮らしはたいへん」「介護認定が低い人は介護サービスが使えないようにするのは困るわぁ」「介護保険でよくなるといって制度が始まったけど、何にも良くならない。保険料はどんどん上がるし…」「若い人が正規の仕事につけないのは大変なこと。日本の将来にかかわる問題」などなど。

 「友だちが、困っている人の役に立つのが共産党。でも中国や北朝鮮のことがあるから…と言われたんだけど」という声があがったので、日本共産党は無法なことにはキッパリものを言ってきたこと、自分の言葉で日本共産党の目指す方向や政策をていねいに伝える努力をしようね、と話し合いました。

 女性の集まりで嬉しいのは、この日も「早朝からつくった」おこわと野菜の和え物、漬物、お吸い物が並んだお昼ご飯を、みなさんでいただきました。

201305172
 午後は、難波英夫市議と一緒に9か所で宣伝。山間のこの地域は、今が田植えの真っ最中。気温は高くて暑かったのですが、田んぼに流れる風が気持ち良く、宣伝にも力が入りました。

 「TPPでこの風景を壊すことは絶対にさせない」と訴えました。同時に、以前農政局と交渉したときに、難波市議が「国の振興策の対象になるには、規模が一定大きくないといけない。個別補償の対象になるのは高梁の農家の3分の1。これでは、農家全体が生き残れない。中山間地域の農家が成り立つような施策をぜひ検討していただきたい」と訴えていたことを思い出しました。農業を基幹産業に位置づけ、農業で成り立つよう応援する政治を実現したいと思いました。

« 防衛省交渉。米軍機の低空飛行訓練問題。 | トップページ | 早島町、倉敷市児島で宣伝と報告会 »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

おいしそー、よだれが(笑)

庶民が国内産の農産物をふんだんに買える社会・労働環境にしなければ。
そのための政治革新が必要です。
日本共産党が予想を裏切り?予想を上回る躍進をして善政への転換を実現しましょう。

「安倍政権の経済政策で、日本が再び国際社会の注目を浴びようというなか、その歴史認識をめぐって最大の同盟国米国からも強い懸念が示されているのは皮肉です。元来日本に批判的なメディアはともあれ今月にかけて発表された米議会調査局の報告書が示した警戒心は次元を異にするものです。

 「安倍首相と閣僚による歴史問題に関する言動は、日本と周辺諸国の関係を揺るがし、米国の国益を損ないかねない」「最大の懸念は、尖閣諸島をめぐり、米国が日本と中国との武力抗争に直接巻き込まれかねない問題であろう」

 調査局は議会図書館の一調査部門とはいえ、その報告には上下両院議会審議の基調を成す重要な意味があります。日中間の武力抗争と国益毀損(きそん)に言及せざるを得なかった米国の危機感は重く受け止めなければならないでしょう。」

東京新聞:週のはじめに考える 歴史認識が広げる混迷:社説・コラム(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2013051902000127.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592218/57412007

この記事へのトラックバック一覧です: 高梁市でつどいと宣伝:

« 防衛省交渉。米軍機の低空飛行訓練問題。 | トップページ | 早島町、倉敷市児島で宣伝と報告会 »