フォト
2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 第7回中央委員会総会で参院選へ | トップページ | 岡山県水平社創立90周年 »

2013年5月10日 (金)

つどいで女性パワーが爆発

 今朝はPTA役員として、息子の通う中学校の門前でのあいさつ運動に参加しました。役員のママたちと先生と一緒に登校する生徒に声をかけました。今日は、県下いっせいあいさつ運動だったらしくて、ももっち(岡山県のご当地ゆるキャラ)や玉野市長まで登場。そこまでやる…⁉と思いながらも、あいさつを交わすのは気持ちいいものです。日常的に自然にあいさつを交わしあえる雰囲気をつくっていきたいものですね。

 今日は3か所で小集会に参加しました。1か所目は、岡山市中区の富山小学校の近所の後援会員さんのお宅が会場です。氏平みほこ県議と一緒にうかがいました。

 後援会員さんがご近所に声をかけてくださって、日本共産党の話を聞くのは初めてという方が多かったです。しかも、全員女性です。「年金でも入れる施設をたくさんつくってほしい」「アベノミクスに踊らされているよな」「沖縄にオスプレイを増やすというニュースに腹が立ったわ。いったいどこを見て政治をやってるんだろう」などなど話が弾みました。「政党助成金を日本共産党はもらっていないんだけど、その分が他党に回るのは悔しい。何とかならないの」という意見も。「おかしい制度そのものをやめさせましょう」とお話しました。

 あとでわかったのですが、民主党の支持者も参加してくださっていました。その方が帰り際に「憲法を変えるのならどうぞ、くらいに思ってたけど、よくよく考えたら子どもや孫の世代の問題。私たちがしっかり判断しないといけないね」と話されました。お昼ご飯に手作りのお寿司。なんと会場のお宅の後援会員さんが、前の日に牛窓町まで魚を買いに行って、今日は早朝からつくっていただいたのでした。

20130510
 2か所目は岡山大学の近所が会場でした。ここでもTPPで国民皆保険が壊れることへの不安や日本共産党への期待がだされました。

 3か所目は岡山市東区の上道地域の後援会員さんが集まってくださいました。竹永光恵市議と一緒に参加しました。

 「ええ話じゃった。どうやったらもっと多くの人に伝えることができるじゃろうか」「若い人に聞いてもらいたいわ」「戦争中は軍国少女だったんよ。終戦であの戦争が間違いじゃったとわかった。絶対戦争はしたらいけんし、戦争につながるどんなことも許しちゃあいけんわ」と、話すのは女性ばかり。ついに「私には、どんなことがあっても共産党に入れてくれる人が30人はおる。みんなが本気で支持を広げよう」という声があがりました。 自分たちのつながりを出して早くから声をかけて、繰り返し働きかけていきましょう、今日から始めましょうね とお話しました。最後は、男性も一緒に「がんばろう‼」「おーっっ」と拳を振り上げて締めくくりました。

20130510_2

« 第7回中央委員会総会で参院選へ | トップページ | 岡山県水平社創立90周年 »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

>「 戦争中は軍国少女だったんよ。」

2chなどでは、右翼的な論調が強いようです。
民主主義や平和主義寄りのブログを、よほど暇なのか、しつこく攻撃するのを見たことも在ります。
もしかしたら、組織的なものがあるのか、と考えたことがあります。
的確な反撃が必要だと思います。
読者の常識を信じて、急所を突いて素朴に、××がおかしいな、だけでも効果が在ります。

「原料、燃料高に悲鳴 多くの県内企業

[2013年05月11日 09:40]」

「輸出産業が主体の日本経済は、円高より円安傾向の方が望ましいとされる。
 農薬を輸出する住友化学大分工場(大分市)は「収益環境が一段と改善する」と歓迎。半導体の組み立てを海外から受注しているジェイデバイス(臼杵市)は「海外の競合他社に対する価格競争力が高まってきた」と話す。ただ、輸入原料のコスト上昇との兼ね合いもあり、両社は「どの程度が適正な為替水準かは見極めが必要」とも説明する。
 一方、ほとんどの地場企業には円安のメリットはみられない。工場向けに清掃布を販売するニットー(大分市)は、中国からドル建て輸入する原料の価格が急上昇。柳生幸一社長は「円安が進むほどコストは上がるが、取引先への価格転嫁は難しい」と頭を抱える。より安い調達先探しを急ぐなど、経費の圧縮に必死だ。
 菓子の菊家(由布市)は取引業者から輸入小麦の値上げ要請を受けている。世界的な食糧資源の高騰を背景に「経費に占める原料費は年々上がる一方」。それに円安が拍車を掛けているという。
 燃料高が直撃しているのは運輸関連。大分バス(大分市)は「乗客が増えない中、燃料費は毎月増えている」、大分トキハタクシー(同)も「LPガスの価格が高止まりし、非常に痛手」と厳しい。」

原料、燃料高に悲鳴 多くの県内企業【大分のニュース】- 大分合同新聞
http://www.oita-press.co.jp/localNews/2013_136823299374.html

アベ自民等政権は「円安の悪影響を」隠すようですね。
 
 
「経産省は円高が進んだ二〇一一年には、「円高メリット」として電気料金の値下げ額の試算を公表していた。しかし、円安による値上げ額は公表していない。同省担当者は「円高対策を取りまとめていた内閣府の指示で当時は公表した。円安の悪影響を試算する予定はない」と話している。」

東京新聞:円安、1ドル=100円水準続くと… 電気料金 家計を圧迫:経済(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013051190070423.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592218/57357035

この記事へのトラックバック一覧です: つどいで女性パワーが爆発:

« 第7回中央委員会総会で参院選へ | トップページ | 岡山県水平社創立90周年 »