フォト
2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 玉野市玉でつどい | トップページ | 津山市で演説会 »

2013年5月29日 (水)

低空飛行訓練被害とTPP

 28日は、1日中津山市で行動しました。仁比そうへい前参院議員と一緒でした。

 米軍機の低空飛行で被害を受けた井口貞信さんのお宅を訪ねました。井口さんとは、10日ほど前に、防衛省との交渉をおこなったとき、はじめてお会いしました。その時お話を聞いて、「ぜひ現地を見たい」と思っていました。

 母屋は被害を受けて2年経つのに当時のままです。梅雨に入り、雨漏りがするようになったためブルーシートをかぶせています。

井口さんは「この電線のあいだを(米軍機が)飛んだんじゃ」「竹がしなってここまで曲がってきた」「(屋根を指して)曲がっとるでしょう」などリアルな状況を教えてくださいました。

20130528
 倒壊した土蔵は片付けられて跡が残っているのみですが、井口さんは「防衛省は、土蔵が古かった、とか他の家の窓ガラスは割れていないと言うが、屋根がふくれて木も折れたから、ものすごい風が起きたことしか考えられない。近所の家でもガラスは割れんかったけど、みんな地震かと思うて飛び出してきとる。そういうことをちゃんと聞いてくれんのはおかしいでしょう」と厳しい口調で語られました。当時は飼っている牛がしばらく体調が悪くなったり、飼い犬が一週間、餌をほとんど食べなかったりということもありました。

 日本の国民が被害を受けているのです。日本政府は井口さんの訴えをきちんと受け止めてアメリカと交渉してほしいと思います。「二度とこのような被害を許さないためご一緒にがんばりましょう」と激励しました。梅雨で雨降りが続きます。せめて雨漏りを早くなんとかしてほしいと思います。

 その後、酪農家、農家の方にTPPへの参加の問題をはじめ政治へのご意見を聞かせていただきました。

 酪農家の方は「TPPに参加したら、この辺りでは蒜山のジャージー牛以外はダメになるといった試算が出ている」「乳価があがればいいのだが、消費者のふところ具合が厳しいなかでは安いほうに流れる」「飼料価格の変動が大きい。先物取引の対象て投機マネーが入っているので」と、苦しい状況を語ってくださいました。

 「日本共産党は、TPP参加反対で一貫していますね。TPP反対を書いてくれるのも赤旗だけ。志位さんはよくわかっている。いいことを言ってくれます」という激励もよせていただきました。

 農家の方も「遺伝子組み換え食品表示や食品添加物表示が撤廃されたら大変。不安も広がっているように思う」「農業を壊したら地域は成り立たない」という不安とともに「紙さん(日本共産党参院議員、党農漁民局長)がんばってくれていますね。私ゃあの人好きじゃ」とも。

 日本共産党は、「TPP参加は反対、今からでも撤退すべきだ」と考えています。食糧自給率はいまでも不十分な39%。これがさらに下がって壊滅的になります。自分たちに必要な食料の圧倒的部分を輸入に頼ることになっても良いのでしょうか?農家、酪農家、林業に携わる方、漁民のみなさんを政治が応援していくことが大事だと思います。

 語り合えば、一致点はたくさんあると感じます。このことが選挙で日本共産党支持の大きな波になるよう、訴えるなかみや活動のあり方を工夫していきたいと思います。

« 玉野市玉でつどい | トップページ | 津山市で演説会 »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

> 「防衛省は、土蔵が古かった、とか他の家の窓ガラスは割れていないと言う

新しかろうが古かろうが大きなお世話だ。
米軍機の低空飛行に対して、被害者が何らかの対策を採る義務が在ったと言うのか。
防衛省は、米軍機の低空飛行により壊れたことを認めている。
平穏に暮らせていれば何の損害も生じなかった。
当然に補償して然るべきだ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592218/57485599

この記事へのトラックバック一覧です: 低空飛行訓練被害とTPP:

« 玉野市玉でつどい | トップページ | 津山市で演説会 »