フォト
2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 政見放送録画取りスタート | トップページ | 公示前のラストサンデー »

2013年6月29日 (土)

操南つどい。岡山大空襲から68年

 今日は、岡山市中区の操南地域の後援会がひらいた集いに参加させていただきました。会場となった後援会事務所いっぱいに集まってくださって、用意したお茶や資料が足りないくらいです。

 まず「都議選・参院選勝利 志位委員長の訴えダイジェストDVD」を視聴。所々でみなさんうなずいたり、笑がおこったり。最後は大きな拍手が寄せられました。

 私は、自民党安倍政権の悪政と真正面から対決しているのは日本共産党しかない、自共対決が政治の対決軸であり、憲法、くらしを守る力を大きくするためにも日本共産党を躍進させてほしいと話しました。

20130629
 今日29日は、岡山空襲から68年目の日です。この話題から始めました。

 私が民報記者だったとき、毎年この日に開かれる「岡山空襲を語り継ぐ集い」を取材してきました。ある年のこと、空襲体験を聞いて参加者で交流したとき、女性が、空襲下でどこにいて、誰とどの方向に逃げたのかを正確にリアルに話されました。

 会が終わって、その女性に「よく話をされるのですか?」と声をかけました。女性は「今日初めて自分の体験を人前で話しました。これまでどうしても話すことができなかったのです」と答えられました。戦争の体験は10年たとうが20年たとうが決して消えるものではない、心の重石になっているものだということを痛感しました。軽い気持ちで声をかけた自分の至らなさを悔やんだことを覚えています。「二度と戦争はしない」と決めた憲法を守り抜く決意をのべました。

 参加者からTPPの参加が心配だという声や地域の住環境整備の要望などが出されました。「農業でやっていけるようにしてほしい。民主も自民もだめで、そしたらあんた(私のこと)に頼るしかないがな」(笑)という声もありました。

 公示が目前です。本番中の初盤の演説原稿を練っています。多くの人に日本共産党を知っていただき、展望を届け一緒にやろう!となっていただけるような訴えにしたいとがんばっています。

« 政見放送録画取りスタート | トップページ | 公示前のラストサンデー »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

Twitter で、「拡散希望」とか、よく書かれています。

DVD の視聴が多いにしても、YouTube の視聴回数を見ると、日本共産党は、まだまだ、「拡散」の余地がありますね。
 
 
志位委員長演説ハイライト/東京・有明コロシアム 5月22日
都議選、参院選の連続勝利を - YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=kNcq1KgKlUk

6月23日に開催された日本共産党演説会で訴える仁比そうへいさん
6/23日本共産党演説会仁比そうへい訴え - YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=z1CJLEOuDFI

2013年6月23日岡山シンフォニーホールで開催された日本共産党演説会で訴える、かきうち京美
6/23日本共産党演説会かきうち京美訴え - YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=0w85wPuxegs
 
 
自分の言葉で演説されているのが好いです。
勝ちましょう!

民主党隠しの「無所属」は、対案どころか、現状認識すら明らかにしない。


2013年6月30日(日)
まともな対案もない民主 自民後押しの維新・みんな

しんぶん赤旗
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-06-30/2013063005_02_1.html
 
 
「垣内さんに質問できるのは無所属の方なのですが「社会保障は専門家でない」「憲法は分からない」と平気で口にする方なので、論戦で政策が深まりません。」

ときどき日記: 他流試合・公開討論会
http://blogs.dion.ne.jp/azuma_p/archives/11232674.html

日本共産党の全国の女性候補は、彼らの本性丸出しの<「黙れ、ばばあ」>という自民等に徹底的に反撃し、ここういう自民等の連中を叩き落してもらいたい。女性を辱(はずかし)める「維新」らも同じ。
 
 
東京新聞:自民・平井氏ネット党首討論に投稿 福島氏に「黙れ、ばばあ」:政治(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013062902000121.html

これは、都議選前。「 2012年」となっていますが、「2013年」のようです。
都議選での得票率は、民主党と公明党と日本共産党が、競っていましたが、この数字を見ると開いています。
たぶん、東京都と全国平均の違いでしょう。
 
 
政治意識月例調査 - 2012年 | NHK放送文化研究所
http://www.nhk.or.jp/bunken/yoron/political/index.html
 
 
これは、都議選後。同じ調査からの記事で、日本共産党の数字を載せない新聞社のサイトが多いのですが、ここには掲載してありました。
政党支持と投票先の違いがあり、来月の「NHK放送文化研究所」の調査で比べないといけませんが、参考にはなるかもしれません。
 
 
中日新聞:比例投票先は自民トップ 参院選トレンド調査:参院選2013(CHUNICHI Web)
http://www.chunichi.co.jp/article/senkyo/sanin2013/all/CK2013062402000201.html

調査法に制約されて相当に歪みがあると思われるので、絶対的な数字に一喜一憂するより、何対何かなどの各党間の相対的な比率の推移や、日本共産党の増減のほうが、現実をよく表していると思います・
展(の)ばしましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592218/57691477

この記事へのトラックバック一覧です: 操南つどい。岡山大空襲から68年:

« 政見放送録画取りスタート | トップページ | 公示前のラストサンデー »