フォト
2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 参議院選挙政策発表 | トップページ | 備前市日生で漁業や景気問題など対話 »

2013年6月 7日 (金)

倉敷市で激励相次ぐ

 今日は定例の岡山駅前での朝宣伝からスタートしました。

 その後倉敷市に移動して、午前中は、大野智久・元岡山民報編集長と一緒に5か所で宣伝しました。宣伝したご近所のお宅でお茶をよばれたり、暑い中を出てきてくださって最後まで聞いて「私もお願いできる人には言いますからね。がんばってください」と激励してくださったりと、嬉しい出会いがいっぱいでした。

201306071
 午後は、赤坂てる子元県議と地元地域の党支部の会議におじゃましてあいさつ。「知人が、もう最後に頼りになるのは共産党だ、と言ってたよ。がんばって支持を広げないといけないね」という話も出て楽しい会議でした。その後は住寄善志市議と5か所で宣伝。ここでも冷えたトマトの差し入れがあったり、車から手をふってくださったりとなかなかの反応でした。

« 参議院選挙政策発表 | トップページ | 備前市日生で漁業や景気問題など対話 »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

倉敷市や岡山市で二割ほどの得票ができないものか、と妄想しています。
ガタガタに崩れだしたアベ自民等政権を向こうに回して、がんばってください!

「2013年6月8日(土)
骨太、成長…「アベノミクス」の具体策
すべては多国籍企業のために」

「投機筋も指摘 「いずれ崩壊」

 安倍政権と日銀が進める「異次元の金融緩和」で日本株を買い込み、暴落する前に売り抜けた世界的投機家のジム・ロジャーズ氏は週刊誌(『週刊現代』6月15日号)のインタビューで、「アベノミクス」によって日本の経済システムは、「いずれ崩壊する」と発言しています。

 ロジャーズ氏は、日本株を買った理由を「金融緩和がなされれば、株価が上がることを経験上知っているから」といいます。「アベノミクス」は、海外の投機マネーを呼び込み、彼らに巨利を与えたのです。

 しかし、ロジャーズ氏は言います。

 「私はアベノミクスが成功するとは思っていません」「円は25%も価値が下がり、輸出関連産業は息を吹き返しました。しかし、日本は食料、石油、銅、綿など、多くのものを輸入に頼っている国家です。円安が止まらなくなれば、それらの輸入物価がどんどん上がっていく。インフレが起こり、物価が上がって日本国民の生活はどんどん苦しくなることは必至です」

 そして、「借金とインフレに基づいた経済システムは、いずれ崩壊するでしょう」と言い切ります。」

しんぶん赤旗
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-06-08/2013060803_01_0.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592218/57544650

この記事へのトラックバック一覧です: 倉敷市で激励相次ぐ:

« 参議院選挙政策発表 | トップページ | 備前市日生で漁業や景気問題など対話 »