フォト
2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 事務所開き | トップページ | 身近なつどい »

2013年6月12日 (水)

政見放送の準備開始

 政見放送の準備を始めました。5分30秒でいいたいこと、いわなければならないことを自分らしく伝えなければなりません。しかも表情にも気を配りながらテレビカメラの前で話すなんて〜〜。

 来週、衆院中国ブロック事務所の主催で、政見放送のリハーサルがあります。経験者にしっかり学びたいと思います。

 先日、第二次の参議院比例予定候補が発表されました。そのうちの一人、お隣の広島県の大西理(おおにし・おさむ)さんが、今日、会議で日本共産党岡山県委員会に来られました。健闘を誓い合い、一緒に写真を撮らせていただきました。

011
 夕方、ある医療関係の職場で小集会を開いていただきました。16人が参加してくれました。「医療の充実を求める署名と生活保護の切り下げをやめさせる署名を集めています。医療の署名は快く応じてくれるのですが、生活保護の署名は、昨今のバッシングの影響か断られることもあるんです」「憲法守れというが北朝鮮がせめてきたらどうするのか。消費税をあげるなというが財源はどうするのかがよく質問されます。どう答えたらいいのでしょうか」など、自分たちの日常のなかで直面している疑問が出されました。うまく答えられたとは言えませんが、みんなで深め合うことができました

« 事務所開き | トップページ | 身近なつどい »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

> 憲法守れというが北朝鮮がせめてきたらどうするのか。

制空権・制海権を確保しなければ遠征はできません。
北朝鮮が日本に攻め込むことは不可能です。
憲法を変える根拠にはなりません。

逆に、戦力的には、日本軍が攻め込めると考えられているでしょう。
アベ自民等政権は、憲法を変えなくても先制攻撃の段取りを決め始めています。

テロはアメリカでも防ぎ切れない。
アフガニスタンなどで手を焼いています。
しかし、スイスはテロの泥沼にはまっていない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592218/57578429

この記事へのトラックバック一覧です: 政見放送の準備開始:

« 事務所開き | トップページ | 身近なつどい »